Artists

Lillies and Remains

Lillies and Remains

KENT: Vocals, Guitar, Synth
KAZUYA: Guitar, Cho
NARA MINORU: Bass

2007年夏、突如として日本のインディーロックシーンの最右翼に躍り出たNew Wave, Post Punkバンド、Lillies and Remains。

同じ大学に通うメンバーが出会い、KENT(Vo,Gt)を中心に2006年に京都にて結成される。

彼らの楽曲は、フェイバリットにNeils Childrenを挙げていることからも窺えるような、エッジー且つ金属的なギターを核とした不敵なサウンドが特徴。アーティストであると同時にメンバー全員がコアなリスナーでもある彼らこそのマニアックかつニヒルなセンスはその他のバンドとは完全に一線を画す。

15歳の頃から作曲を始めたというフロントマンKENTは、音楽に関する膨大な知識を背景に、自らの楽曲に一聴必殺の多彩なフックを仕掛けており、そのキラーチューンの数々はどれも一瞬でその場の空気を変える圧倒的な存在感を放っている。

日本のみならず世界のロックシーンを変えるべく、ここ日本から現れた恐るべき才能。その名はLillies and Remains。

時は来た・・・。世界を震撼させるべく、稀代の才能がいよいよそのベールを脱ぐ。