Artists

THE PISTOLAS

THE PISTOLAS

Simon: Vocals
George: Guitar
Liam: Synths & Percussion
Giles: Bass
James: Drums & Percussion

"これは疑いようのない事実・・・今のLondonで最高のライブバンド、それはNorwichからやってきたこのバンドだ"-The Fly

イギリス東部Norwichにて2006年に地元のクラブやライブハウスにたむろしていたメンバーが集まってバンドを結成。
ソングライティングについてフロントマンのSimonは「日常のありふれたこと。悲しいことやムカつくことからインスパイアされてる。でもすごくファンキーなんだ。とにかく俺たちはパーティーミュージックを作り続ける。ただみんなに俺たちと一緒にパーティーして楽しんで欲しいからさ。」と語る。

結成後、バンドは地元Norwichを拠点に活動を続け、700人規模のライブハウスをソールドアウトさせるまでの人気を得る。また、デビューシングル「Listen Listen」をColdplay、Keanらを輩出したFierce Pandaよりリリース、メディアがこれにも食いつき、Artrocker誌はThe Ramones、Gang of Four、My bloody valentine、Pixiesらを引き合いに出し絶賛、同誌のコンピレーションにも収録される。XFMのDJ、John Kennedyは「The Pistolasのデビューシングルは瞬く間に普遍のクラシックになるべく作られた。」とDAZED&CONFUSED誌上で紹介する。

2007年、The PistolasはFranz Ferdinand, Kaiser Chiefs, Mumm-raらを擁するSupervision Managementとマネジメント契約。そしてThe Heights, The Morning After Girlsらが所属するBest Before Recordsとレーベル契約し、2月にはプロデューサーにArctic Monkeysを手がけたJames Lewisを迎えシングル「Take It With A Kiss/Dinosaurs」をレコーディング。4月にはMumm-Raとのツアー、11月にはDizzee RascalのUKツアー全公演をサポートする。

「PISTOLAS SAY LOVE THE DANCE FLOOR」 を合言葉にNew Rave全盛のUKインディーシーンに風穴をあけるべく現れた突然変異のファンキーアートパンクヒーローTHE PISTOLAS。
LCD soundsystem, ESG, James Brownからの影響を消化した殺傷能力抜群のキラービートでDancefloorを撃ち抜く、UKインディーシーンの最終兵器だ。