Artists

Selfish Cunt

Selfish Cunt

Martin Tomlinson - ボーカル、キーボード
Patrick Constable - ギター
Matthew J. Saw - ベース
Joao Pires - ドラム

2003年初頭、ポストパンク・リバイバル真っ只中のロンドンでMartin Tomlinson(Vo)、Patrick Constable(Gt)により結成。
倉庫、ギャラリー、クラブなどでゲリラ的にライブを重ね、その挑発的な歌詞、過激なステージパフォーマンス(もちろんバンド名も・・・)で徐々に注目を集め、The Guardian紙は「英国で最も重要な40バン ド」の1つに彼らを選出。Time Out誌では「ロンドンで最もエキサイティングなライブバンド」、「今世紀に現れたIggy Pop」と評される。
デビューシングル「Britain Is Shit」はその過激な内容から物議をかもし、その後も2枚のシングルを発表。2005年にはデビューアルバム「No Wicked Heart Shall Prosper」をリリースする。

初期はMartinとPatrickの2人のユニットとしてドラムマシンを使い活動していたが、Joao Pires(dr)とSex Gang ChildrenのMatthew Saw(ba)が加入。No Wicked~以来3年ぶりのアルバム「English Chamber Music」を2008年にリリース。

2007年にはMeltdown Festival(Iggy Pop & The Stooges, The Jesus and MaryChain, Devo, Motorheadらが出演。キュレーターは元PulpのJarvis Cocker)、2008年8月にはOffset Festival(Wire, Gang of Fourなど)に出演。また同年には初来日ツアーを行い、日本到着当日に空港から直行して出演したBritish Anthemsでも強烈なライブで観客を圧倒するなど、大型フェスにおいてもパンク、ニューウェーヴの先駆者達を相手にまったく引けを取らないパフォーマンスを見せつけ、オーディエンスの度肝を抜く。

鋭いギターを核に不穏な緊張感と激情むき出しでストレートに突き刺さってくる彼らのサウンド、パフォーマンスはまさにカオス。特にMartinのヴォーカルは、初期パンクの持っていたメッセージ性、高揚感を体現している。また、アーティストからの支持も非常に高く、フロントマンMartinは2010年にはNME誌の「THE GREATEST ROCKSTAR OF THE DECADE」で第8位にランクされた。